医療レーザー脱毛のメリットとデメリット



脱毛経験者の口コミ・体験談から本当におすすめのサロン・クリニックを比較して探せるサイト。



医療脱毛は効果が高いが費用は高め

クリニックで脱毛施術を受ける場合、どのようなメリットがありデメリットがあるかについてご紹介致します。

クリニックで脱毛するメリット

医師や看護師が施術してくれる

医療資格保持者が施術を担当してくれるため、安心感は抜群です。 事前にトラブルなどが起きないかどうかも調べてもらうことができます(テスト照射)。 施術の流れとしては、医師による診察(脱毛しても大丈夫かどうか)→医師もしくは看護師による脱毛施術、という感じです。

脱毛効果が高い機械で施術してもらえる

厚生労働省から認可されている医療用のレーザーマシンと針脱毛マシンで施術をおこないます。 エステで使われているフラッシュ脱毛などに比べて脱毛効果が早く出る&永久脱毛を謳うことを許されていることで有名です。 毛乳頭を砕いてしまうことで、新しい毛が生産されるのをストップさせる効果があります。

肌トラブルがあったらすぐに対処してもらえる

万が一、施術によって肌トラブルが生じた場合でも、クリニックであればすぐに診察してもらえます。なので、施術中に異常な痛みや痒みを感じた場合はすみやかに医師か看護師へ伝えましょう。 かゆみ止めなどの塗り薬の処方もしてもらえますよ。エステだと、提携のクリニックへ移動しなければなりませんが、クリニックでの脱毛だとその場で治療がおこなえるので安心ですね。

クリニックで脱毛するデメリット

脱毛エステに比べ費用は高め

エステに比べるとクリニックで脱毛すると費用がかさみます。 脱毛は美容目的として扱われるため、保険が適用されないのです。

施術が痛い場合もある

医療用のレーザー脱毛マシンはエステの光脱毛機器に比べレーザーの照射出力が強いのが特徴です。そのため脱毛効果は短期間で得られるメリットがありますが、痛みは強めになるデメリットも。ただし脱毛サロンとほとんど痛さは変わらない、という口コミも多いですから、それほど心配はいらないかもしれませんね。

ただしニードル脱毛をしている場合は要注意!毛穴に針を差し込んで直接微弱電流を流すため、痛みは相当強くなります。その分永久脱毛効果は一番高いと言われますが、痛みが苦手な人は避けたほうが無難でしょう。

引っ越したら通えない

クリニックに支店があるなら別ですが、基本的に遠くに引っ越してしまったら通えなくなってしまいます。