脱毛サロンの勧誘と断り方



脱毛経験者の口コミ・体験談から本当におすすめのサロン・クリニックを比較して探せるサイト。



脱毛サロンで勧誘されたらどうする?

「脱毛サロンに行ったら確実に勧誘される――」

今でも『サロン=勧誘の嵐』という方程式を崩すことができないでいる人も少なくありません。たしかに、ちょっと前まではサロンの勧誘には凄まじいものがありました。

「カウンセリングしに来て『検討します』って言って帰るなんておかしい。皆契約してますよ」なんて強引過ぎる勧誘をしていたサロンもありました。

実際、私もそういったサロンに何度か当たったことがあります。全て切り抜けましたが…。でも、最近は強引な勧誘をしてくるサロン…というか、勧誘をしてくるサロン自体がほとんどなくなってきています。

昨今、脱毛サロンの数はかなり増加してきています。なので、勧誘をすればするほど顧客が引いてしまい、他のサロンへ流れていってしまうことをようやく理解したんだと思います。サロンへ通う方としては、喜ばしい限りです、はい。

ですが、やはり稀に勧誘をしてくるサロンも存在します。また最初は全く勧誘がなかった脱毛サロンでも、回数を重ねるごとに勧誘が酷くなることもあります。

「お得なキャンペーン」をエサに、あなたがまだ行っていない部位の脱毛を追加させようとしたり、施術の最後に行うトリートメントで使用するジェルやクリームの購入を強制してくるなど手法は様々です。

そんな時に役立つフレーズをいくつかご紹介致します。

あいまいな言葉ではなく、ハッキリと断るのが大切

最初から勧誘が多いと知った上で脱毛サロンへ通う場合は別として、そうでない場合は「勧誘があるから」と脱毛サロンへ足を運ぶことが面倒になってしまうことがあります。このようなことを避けるためにも脱毛サロンで勧誘を上手に断る方法を身につけておきたいものです。

勧誘を上手に断る上で最も重要なのが、ハッキリと自分には不要であると伝えることです。

例えば、脱毛を行っていない部位を追加するような勧誘を受けた場合は「自分はその部位のムダ毛は気にならないから大丈夫です」とハッキリと伝えましょう。

下手に「気になっているけど予算が足りないから」などと答えようものなら、分割やローンなどを組んで欲しいと勧誘される場合があります。この場合はこれからも脱毛サロンに通う度に、同じ勧誘を受ける可能性があります。絶対に勧誘を避けたいと考えるなら、ハッキリと断る以外ありません。

上手な断り方の一例

親・家族に聞いてみないと

お財布の紐を握っているのは自分ではありませんよーというのをアピール。 今電話で確認を取りたいけど、仕事中なので…残念です、とまで言葉を添えることができたら◎です。

時間がない

カウンセリングのあとに予定が入ってることをアピール。 携帯の時刻や腕時計などを、これみよがしにチラチラ見たりするのも効果大。

勧誘してくるところでは契約しないって決めてる

自分の意見をズバッと言える人にはオススメ。 ちなみに、私は「勧誘しないって評判だったのに、残念です」と言いました。

肌が弱いから不安

テスト照射をしてから決めたいということをアピールします。 ここで更にグイグイ来る場合は、もう絶対にこのサロンは信用できない、と思って良いでしょう。 こちらの都合は全く考えていない、契約を取りたいだけのスタッフ&サロン、ということです。

上記のフレーズは私が勧誘を切り抜ける際に使ったフレーズなので、結構効果が期待できると思いますよ!もし、強引な勧誘に困ったら試してみて下さい。

隙を見せるとどんどん勧誘される

またハッキリと断った場合でも「意外と気になりますよ!」などと他人目線で脱毛を勧められることがあります。そのような場合でも「それでも大丈夫です。私は気にならないんで。」と自分は本当に気になっていないと伝えましょう。

下手に共感してしまうとその部位に関する具体例などを挙げながら、しつこく勧誘されてしまうことがあります。隙を見せると攻めかかってくるのがエステティシャンだと認識して絶対油断しないようにしましょう!(笑)

勧誘うを上手に交わせば今後の無理な勧誘もなくなります。気持ちの良い脱毛を行うためにも必ずはじめにキッパリ、ハッキリと勧誘を断るようにしましょうね。

最初から勧誘されない脱毛サロンを選べば安心

勧誘はあまり名前が知られていない脱毛サロンや、サロンの館内にキャンペーン広告のチラシなどがたくさん貼られている脱毛サロンに多いといわれています。一方で大手の脱毛エステを中心に、「勧誘は一切しません」と大々的にアピールするエステも増えてきています。

こういったサロンの中にも「実は勧誘された」といった口コミもある可能性がありますので、インターネットで体験者の情報を収集して、本当に勧誘されないサロンを選ぶのが、勧誘から身を守るもっとも確かな方法だと思います。