脱毛・ムダ毛処理の歴史



脱毛経験者の口コミ・体験談から本当におすすめのサロン・クリニックを比較して探せるサイト。



はるか昔から行われていたムダ毛処理

現在、体毛処理の方法はたくさんありますが、脱毛処理は紀元前4000年以前からあったことをご存じでしょうか?

「え、そんなに前から!?」と驚く人も多いと思います(私も体毛処理の歴史について調べた際、本当に驚きました)。今回は、体毛処理の方法がどのような進化を遂げてきたかについてご紹介致します。

紀元前4000年~紀元前30年頃

地中海地方・古代オリエントにおいて、脱毛剤が使われていたと文献が残されています。体毛を処理することが法律化されていた地域もあるようです。 ちなみに、オリエントのハレムにいる女性が使っていた脱毛剤は『硫黄・石灰やでんぷんを水で糊状にしたもの』だったようです。

地中海沿岸の国では紐や縄を使って毛を巻き込み抜く方法が用いられていました。また、エジプトでも脱毛剤が使われていたことを示す文献も存在します。

エジプトで使われていたものは『焼いた蓮の葉を油に浸して亀の甲羅の中へ入れ、カバの脂肪を加えたもの』だったみたいです。一体どんなものなのか実際に見てみたいですね!?エジプトの女王・クレオパトラも流行していた脱毛剤で体毛処理をしていたそうです。

8世紀~19世紀頃の日本

平安時代、『銀でできた毛抜き』で貴族の女性達は体毛処理をしていたとの記述があります。

また、17世紀頃~19世紀頃にかけて、江戸時代に入ると遊女が2つの小さな軽石で陰毛を挟み、擦って切ったり、線香などを使って焼いたりしていたらしいです。これらの方法だと、毛の先端が滑らかなのでチクチクせずに済んだからだと言われています。

ちなみに、日本でも手足の脱毛には『木の実油と軽石を砕いて粉にして混ぜたもの』を脱毛剤として使っていたとのこと。これを肌にすり込み、摩擦でムダ毛を切る、というものだったようです。。

19世紀に入ると、肌に硫酸などを塗ったり、体毛を抜いたあと汚れた針を毛穴に入れて炎症を起こし、毛穴を防ごうとしたりしました。しかし、そういった方法では脱毛することは叶わず、肌がトラブルを起こして跡になってしまったりしたようです。

19世紀~現在

1875年、アメリカの眼科医が直流電流を用いて永久脱毛する方法を生み出しました。レーザー脱毛、フラッシュ脱毛器についての研究も進み、日本ではエステサロンでは主にフラッシュ脱毛器が普及しました。