ワキやデリケートゾーンを見せるのが恥ずかしい?



脱毛経験者の口コミ・体験談から本当におすすめのサロン・クリニックを比較して探せるサイト。



脱毛の恥ずかしさはすぐに慣れます

「脱毛サロンで脇やデリケートゾーンを見せるのが恥ずかしい!」 そう思っている人はかなり多いです。できれば見られず済むのが1番ですが、脱毛のお手入れをおこなうに当たって、脱毛サロンスタッフに脇やデリケートゾーンを見られるのは致し方ないこと。

「そうはいっても割り切れない!」と、脱毛施術が始まって間もない人は口を揃えてそう言います。もちろん、私も言っていました(笑)。

全身脱毛することを決意したのは良いものの、施術スタッフさんに自分のワキやデリケートゾーンを見られてしまうことに不安を感じました。自己処理のしすぎで黒ずんでしまったワキを見せることに抵抗が強く、本当に悩んだんです。

初めての脱毛施術の時にはあまりの恥ずかしさにカーッと顔に血が上ってきて、こめかみがドクドクと脈打ったほどです(本当です)。

「なんか…恥ずかしいですね~」と恥ずかしさを紛らわせるためにスタッフさんに話しかけたら、「皆さんそう言われます!でも私達は皆さんに同じような施術をおこなっていますので、全然抵抗ないんです」と笑顔で返されました。

私も2回ほど通っただけで慣れちゃいました!

そう。施術スタッフさんは何人もの人に対して同じように施術をしているのです。だから至って平常心。表情1つ変えることなく淡々とお手入れをおこなってくれます。

スタッフさんからは何回か通ってるうちにお客様も慣れてきますよ、と言われました。この恥ずかしさが消えるわけがない。絶対毎回恥ずかしさで逃げ出したくなるに決まってる!そう思っていました。

が、2回ほど通った時点から、全く恥ずかしいと思わなくなりました!

スタッフさん達が淡々とお手入れしてくれるおかげか、「これが脱毛お手入れするに当たっては普通のこと」と割り切れるようになったんです。脱毛時間を短縮するために、と2人がかりでお手入れしてもらった時も、全く動じることはありませんでした。

なので、恥ずかしさがあるから脱毛サロンへ行くことを躊躇っている方には、勇気を出して一歩踏み出してみることをオススメします。意外と大丈夫になるものですよ!